あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

雑談)競馬の話とちょっとだけパチスロ

2014年ジャパンカップ

エピファネイヤ推しだった私と

いつも予想を参考にさせてもらっている万馬券の哲、

通称「万哲」さんの予想が偶然にも重なりました


これは鉄板だと思い

私はややかかり気味で馬券を購入しに行きます


買い方はいつも三連単のフォーメーション

1着固定で2、3着に同じ馬を流すという

買い方をしていた私ですが

いざマークシートに番号を塗り潰してみると

どう考えてもジェンティルドンナが飛ぶようには

思えなくなってきたのです


ジェンティルドンナとは牝馬3冠を果たした馬で

当時の現役だとトップクラスに強い馬でした


エピファネイヤを1着固定にしたマークシート

手に持ち、あとは馬券を購入するだけのところに

きて悩みます





「いや、さすがになくね?」

私は一度は塗り潰したマークシートをゴミ箱に捨て

いつもと違う買い方の三連単一頭軸マルチで

軸をジェンティルドンナにして馬券を購入しました



万哲さん、私もエピファネイヤ推しでは

ありましたが、さすがに1着は厳しいですよ

だってジェンティルドンナがいてドバイを勝ってる

ジャスタウェイもいるんですよ

それを差し置いて1着とれたら

結構な配当になりますよ、これ





だから競馬は面白いんですよね

ジェンティルドンナは4着に敗れ

エピファネイヤが1着になりました

三連単の配当は9万円くらいだったと思います


私は9万円するマークシート

わざわざゴミ箱に捨てていたのです


メダルに換算すると4500枚

目を血走らせながら投資しようやくゴッドを引いて

1500枚、そこから更に訳の分からない

ヒキをくりだしてようやく達する枚数です


悶絶しました




それ以降

私は万哲さんを裏切らないことを心に誓い

さすがにないだろうと思うような馬でも

馬券を買うときは押さえておくようになりました







翌年、2015年

阪神大賞典を1着、続く天皇賞(春)でも1着をとった

ゴールドシップが間違いなく優勝を争うだろうと

予想された宝塚記念


私は競馬を始めたばかりの友人を連れて

馬券を買いに行っていました


私と友人はもちろんゴールドシップを軸に

予想をしていきます


いくらかのパターンをマークシート

記したところで万哲さんの◎に目が止まりました

16番ラブリーデイ




「いや、ねーよ!てか、誰だよ!」

率直にそう思いました

G1シーズンに馬券を買い

前哨戦などを少しみるだけのにわかなので

そう思うのは仕方ないかもしれません


結果的にラブリーデイが見事優勝し

私は発狂しそうになるわけですが

今回はその時の出来事を少し話したいと思います









あんこうです。



2014年の有馬記念から競馬をやり始めた友人は

今でこそ私よりいろいろと詳しいですが

2015年の宝塚記念の時点ではそれほど

詳しくはありませんでした



この日は友人の車で馬券を買いに行きました

車内で各々何が来るかを予想しあいますが

やはりゴールドシップ軸ありきの話でした


ゴールドシップは走ったり走らなかったりと

よくわからない馬でしたがとても強い馬です

気分屋さんなのでしょう


おなごの気持ちもわからない私ですので

馬の気持ちなんて当然わかるはずもありません

しかしここを攻略できさえすれば

もっと馬券を的中することができ

彼女の一人や二人くらいは

できるのかもしれません



私はゴールドシップという馬を

ここに至るまでそれほど軸で馬券を買ったことが

ありませんでした

理由は先程も言ったように走ったり走らなかったり

と、いまいち信用できなかったからです

ですが宝塚記念と同じ競馬場でのレースだった

阪神大賞典ゴールドシップはとても強い勝ち方を

したように記憶して今回は間違いないだろうと

思ったのが軸にした決め手でした


一番人気だったので私と同じように考えた人は

少なからずいたのではないでしょうか...


友人はその一人でした





私はそれほど競馬中継を普段から見ないのに対し

友人は2014年の有馬記念以降

けっこうな頻度で競馬をしていたため

このとき既に私より現役馬の情報は持っていたの

かもしれません


しかし結局は情報を仕入れれば仕入れるほど

かたい買い目になるのが競馬であり

''不合理に身を委ねてこそギャンブル''だということに

友人はまだ気がついていませんでした

「アカギ」は何度もオススメしたんですけどね



当然買い目はかたく

広く買った割りには配当がどれも安く

当たっても負けてしまう

いわゆるトリガミになってしまう状況でした



友人が「安い馬券いらんからおれもドカンと

でっかい馬券あてたいわ」というようなことを

言ってきたので

それまでゴールドシップ以外のことを

語らなかった私が友人に一言アドバイスをします


「1着は強い馬が来るけど

     3着にくる馬に人気なんて関係ないよ」


私もまた不合理に身を委ねきれない一人でした



冒頭でも言いましたがこの宝塚記念

16番のラブリーデイが1着にきます

ラブリーデイはこの出走後

出れば上位人気する馬になりました

というかこのときでたしか

6番人気くらいだったので

私が知らなかっただけで強い馬として

認知されていたのでしょう


強い馬が勝つのか

勝った馬が強いのか

そんなことは馬券が当たってしまえば

とどのつまりどうでもよくなる私は

競馬が好きというより

馬券が当たることに快感を覚える

生粋のギャンブラーなのかもしれません



私達は的外れな予想にすっとんきょうなトーク

繰り広げながらマークシートに予想を反映させ

ワクワクしながらお金をドブに捨てる準備を

着実に進めていました






レースを一時間前に控え

馬券の購入を済まし

茶店に足を運びました

競馬中継が見れるからです



その喫茶店は昔ながらの純喫茶ですが

ここに限らず純喫茶は雰囲気がとても好きで

よく行っていました

個人的に好んでよく行くところは

強烈なボディブロー打ち込まれたかのように

九の字に曲がった身体で

震えながら御盆にアイス珈琲を運んでくる

おばあちゃんがいます

とても可愛らしいです


辛うじて珈琲をこぼさずテーブルに置き

私に笑顔で一声かけていつもその場をさりますが

いまだに何を言っているのか理解できていません


ここ一年ほど行ってないので

おばあちゃん元気かなーと今ふと思いました





すでに馬券を購入した私達は

レースの時間が来るまでアイス珈琲を飲みながら

さらに買い足す勢いで新聞とにらめっこをします


間違いなく当たるだろうと思えば

やっぱりこっちだったかなと思ったりと

各々勝手に盛り上がり時間は過ぎていきました





テレビで競馬中継を見ていると

いつもレース前におじいさんがとことこ歩いて

いって高台みたいなところで旗を振りますよね

将来あの仕事をしたいと思ってます




ウォーミングアップである返し馬がおわり

とっくに飲み終えた珈琲のグラスをストローで

すすりながら馬がゲートに入るのを見守ります


ここでごねたりする馬がいると

先にゲートに入っている馬へストレスがかかったり

するのですんなり入ってくれと祈っていました


引こうが押そうが微動だにしない馬が

たまにいますが、あれ私はけっこうシュールで

好きなんですけどねw


何を考えてるんだろうと思います


競艇は人間がボートを走らせる競技なので

勝っても負けてもある程度その人のうまさや失敗を

表面的に見抜くことができるかと思いますが

競馬は人が馬を操る競技で

あくまで走るのは馬なので

どれだけ上手な騎手で

どれだけ馬がポテンシャルを持っていても

馬自身は自分が何故走っているのか

理解していない可能性の方が高いと思います


1着を目指さなければいけないのに

当の馬が「みんなと走れて楽しい(●´ω`●)」

ってなノリで走ってたり

「もうゴールしたんやろ?なんで叩くん?」とか

思いながら走ってる馬もいれば

謎の協調性により前にでない馬

いるかもしれませんよね


そう思うとどの馬が来ても

おかしくないと思いますし

競馬には夢があると思います


おもっきり脱線しましたが

全ての馬がゲートに入りレースが始まります





レースが始まるくらいから

茶店内にいたじいさん達が「あー」とか

「うわー」と声をあげていました

ゲートが開きレースが始まるとじいさん達は

「うわー」と綺麗にハモリました

音量を切られていたのと私の視力が0.1だったため

それの意味がわかりませんでしたが

固唾をのんで見守っていた友人がすぐに

知らせてくれます



ゴールドシップ出遅れた!」



終了のお知らせでした






あとでレースを見直してみましたが

完全に松風でした

ヒヒーンしてました

そら慶次以外は無理やで!というくらいに


二人してため息をつき

私は空のグラスをストローですすりながら

新聞を眺めていました

すると友人が私にボソッと声をかけます

あんこうの買ってる馬きてるで」


第4コーナーを周り最後の直線のことでした







「え?ゴールドシップ来てるん?」

「いや、16番!」

「マジ?」

「でも2着が6番じゃないとあかんねん」



「....いやきてる、突っ込んできてる!」

「は?ウソやろ?ど偉いことなりますよ」


「え、きてるきてるきてるきてる!」


「マジで?やばいやばいやばいやばい!!」

「やばいって!当たったら!」


「きたで!!」

「やばい!...ヤヴァイ!」

「3着何きたか教えて!見えへん(>_<)」


「ちょっと待ってな....1番!」


「....。」


「え...当たった、ヤヴァイ」

万馬券ちゃう?」

「いやそんなもんじゃないよ」

「10万はいくと思う」

「マジで?w」

「たぶん、わからんけど...」

「いくらなるか見てて...」




2014年のジャパンカップでの後悔があったため

私は万哲さんの◎と○印を

フォーメーションで1着2着に固定し

3着に適当に6頭流した唯一ゴールドシップを外した

馬券を一応買っていたのです

万哲さんはいつも1着固定なため

他の人の予想より◎印は信頼できますが

一通りしか選んでない2着に

○印の馬がきてくれたのは

奇跡に近いことだったと思います





「あ、金額出たんちゃう?」

「いくらなってる?」

「ちょっと待ってな...」


「あー、でも5000円やって( *´艸`)」


「は?何でやねん!!」


f:id:ankolkkaku:20200130222854p:plain


「そんなわけないやんけ!」(唾を撒き散らす)

「よく見てや!」(鬼気迫る勢い)


「そんな怒らんといてやw」

「おれだって見えにくいねん」


「....いや、でも5000倍ってなってるで」

「...ウソやろ?」

「ほんまやって」

「いや、5000倍って50万やで?」

「ウソやろ?」

「ほんまやって」

「5倍で500円やん?」


「.....。」


「ごちそうさまでーす!」









換金の際にいつもより長い

「ざざざざざざざざ」という音で

はじめて脳汁が溢れてきました

勝利の実感なのでしょう


このときを感覚的に予感していたのか

いつもより大きめのカバンを持ってきていたため

札束をダイレクトにぶちこみ

すぐにその場から立ち去りました


友人の車に戻り札束を広げ

「何が食べたい」と友人に問いかけます


しばらく悩む仕草を見せてから友人は

「とりあえず打ちにいこや」と言い、そのあとに

「2万貸して」と本題をぶつけてきました

私はジャブがあってこそのストレートなのだと

いうことを改めて学びました



パチンコ屋をでてから友人に更に2万円を貸して

パチンコで勝ったお金で焼肉を食べにいき

最強の1日は終わりました





以上が2015年、宝塚記念のお話になります

まぁ、信じるものはなんとやらってやつで

競馬でいい思いをしたただの

自慢話だったんですけどね


競馬をもっとガッツリやられている方からすれば

たいしたことない額かもしれませんが

私は普段パチスロをたしなむ者ですから

10万越えたら汁モノなんです




こういう経験を一度したらまた味わいたいなと思い

穴ばかりかけるんですけど

そうすると全く当たらないんですよね

不思議です


そんな素人が予想するより

予想屋さんのマネしてた方が

勝てるんじゃないかと思い

万哲さんの買い方を真似することが多いです

昨年のジャパンカップも真似したのが

当たりました


しかし昨年はほとんど競馬をしていなかったので

今年は競馬もやりたいなーと思っています


先週あったアメリカジョッキーなんちゃらで

ブラストワンピースがでていたのですが

この馬も一昨年の有馬記念くらいから万哲さんが

◎を打っていたのを知っていたので

メンツ的にも鉄板だなと思い

珍しく一点1000円で買い見事的中することが

できました


105倍ついたのでここでも一人

やばいー(>_<)ってなってました




そんなわけで今年は競馬もしようと思うので

競馬の収支もつけてみようかと思ってます


まぁ一応パチスロブログなんでね

できるだけパチスロの上手い記事や見せ場のある

記事が書けるように努力はしますよ

調子が悪いときとか玉に流れるみたいに

競馬に流れるといった感じになるんですかね


そんな感じです






f:id:ankolkkaku:20200131002633p:plain



では、、