あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

サラリーマン番長が全台据え置きでシマに誰もいませんが出来れば勝ちたい

盆休み最終日

一緒にパチスロ遠征に行った

友達のザクに朝から打ちにいこうと誘われ

パチンコ店の立体駐車場で

ゴミのように人がわいている中

私は汗だくになりながら開店時間を待っています



普段パチンコ、パチスロはしないが

こういった盆休みや正月休みのときに

家族や親戚とパチンコ、パチスロを楽しむ

そういう人達もけっこういるのではないでしょうか


昔は私の父も盆や正月になると母方のじいさんと

よくパチンコを打ちに行ってたのを覚えてます


なのでゴミのようだと表現したのは

あくまでも人がいっぱいいることを

比喩したものでして

本当にゴミなのは

盆休み問わず、朝から晩まで

パチンコ、パチスロをしている

私とザクなのだと思います











あんこうです。




入店した頃には

すでに一戦終えたかのような汗の量

若干自分自身で引きましたが

何とか台を押さえることに成功します


私とザク、打つのはゴッド

久しぶりの朝一実践なので

ゴッドを打ちたいという思いがありました



今回はサラリーマン番長の実践をメインに

書きたいと思っていますので

ゴッドでの実践は割愛させていただきます

結果だけを言いますと


私は赤7ゴッドG-STOPでのV揃いという

ヒキの暴力で3000枚オーバー
ザクはサンドに偉人が4人ほど入っていったと

言っていました




人がいっぱいで空き台がなく

時刻もまだ昼過ぎということで

店舗を変えることにします





車で移動しているとき

何となくこれからの将来について話していました

その流れでザクはこう言います


ザク「おれ、スロット以外何もねーわ、、」

今までの人生を少し後悔しているようにも感じた

表情とその発言に

私はノーコメント、、


つまり絶句するわけですが

それでも何か言ってあげないといけない

という思いから


私「今さら遅せーよw」




・・・


私は絞り出した言葉の無慈悲さに

少し自己嫌悪しました










二店舗目に到着しホールを見て回ります

一店舗目とは違い

あれ?もうすぐ閉店かな?

という活気の無さ


とは言っても私にとっては好条件

設定の入るホールへ行っても

一店舗目のようにその分強者達が多く集まります

弱肉強食の世界でパチスロが下手な私が

そこで勝つことは非常に困難


何に対してもやるからには向上心を持って

取り組むことが大切だとはわかってはいますが

この御時世、上を向くより

下を向いて歩いた方が現状には

適していたりするものなのです






サラリーマン番長が打ちたいと思っていたため

シマにむかうと

そこにお客さんは誰一人いません


履歴をみるとどれも中途半端なゲーム数

ゾーン手前で捨てられいるものが多く

さすがの私にも据え置きだと

一目でわかるものでした


ならば前日の履歴が良い台を打とうと思い

台を決め打ちはじます







f:id:ankolkkaku:20190901140441j:plain



これは、、


猛省は打つたびしてきましたが

猛研修は初めてのことでした






f:id:ankolkkaku:20190901141027j:plain


f:id:ankolkkaku:20190901141058j:plain




3回の交渉をしたと思います

調べてみると

次回天国に期待できる的なことを見ましたので

ここはATに繋げたいところです









f:id:ankolkkaku:20190901141536j:plain



一発目はダメでしたが

天国で当たったボーナスも運よく青7で

これです!

この柄も初めてみました


番長2が好きでしたが

サラリーマン番長はマップ解除が重い印象で

それほど打ったことがありませんでした


このATで投資分くらいを獲得し

まだまだ打ち足りないため続行していると

瞬く間にメダルはなくなります


しかしギリギリのところでボーナスをひくと

それがATに繋がり





f:id:ankolkkaku:20190901142444j:plain


f:id:ankolkkaku:20190901142754j:plain



まさかの絶頂

これもまた初めて


上乗せは少し物足りませんでしたが

贅沢はいいません

なぜならこんなに楽しい実践は

久しぶりなのですから


最近はパチスロを打っていて

少し飽きが生じてきていたので

こうやって珍しいものを引けたりするのは

とても楽しいです


初めて尽くしの展開ですが

更にとびっきりのやつがきます









f:id:ankolkkaku:20190901143508j:plain



煽りがきて中リールが止まったことに歓喜

左右テキトー押ししてしまいました

そもそも4分割とか引けると思ってませんでしたし

存在すら忘れていて気づかずに1G回してます


この超絶チャンスを駆け抜けたのは

さすがにムッとしましたが

ザクの様子を伺うと

それも贅沢のように感じることができました








f:id:ankolkkaku:20190901144350j:plain



涙で霞んでいますが

2356枚です

強力な上乗せ特化ゾーンを引いてのこの枚数は

ちょっと寂しく感じました



通常時の押忍ベルでの匂うもん2/4

AT引き戻しが2/3

天国移行率も良いように感じます


友達のザクがネフェルピトーの念のような

オーラをまといジャグラーを打っていたため

私は彼の気が静まるまで

この良さげなサラリーマン番長を

もう少し打ってみることにしました





その後は特にこれといった見せ場はないものの

天国によくいくためメダルのもちがよく

普段のヒキとは違いATにもよく入れることができ

メダルは減ってしまいましたが

サラリーマン番長を存分に楽しむことができました



ボーナス中、最後の最後に

チャンス目強チェリーをスカり

大チャンスナビもスカったため

ここで実践を終えることにしました


ザクを待つ間に絆とゴージャグに

500枚使ってしまったことは

この日の反省点です







結果(換金後差枚)

凱旋 プラス1925枚

サラリーマン番長 プラス1300枚

 マイナス450枚

ゴージャグ マイナス50枚


TOTAL収支プラス2725枚








エアコンの効いたホール内で

一人汗だくの男が

休憩スペースにいる私の元へ歩いてきます

ザクです



いろいろ終わったんだということが

彼の目を見てわかりました

ザクは無言で私に背を向けると

出口の方へと歩いていきます




結局この日彼が一体いくら負けたのか

私には聞くことができませんでしたが

一日で若干老けたかのようにも思えるその表情と

朝に彼の軍資金がいくらかを聞いていたので

だいたいの察しはつきました


私は勝つことができ楽しかった一日ですが

普段ポジティブなザクですらこうなってしまう

パチスロはやはりギャンブルなのだということを

痛感させられた一日でもありました




意気消沈しているザクに私は晩御飯でも

おごってやろうと思い声をかけます



私「メシどーする?」


ザク「ん?あー、、」


私「クソ程負けたっぽいしおごるよ?」


ザク「・・・。」


私「別に気にしn..」


ザク「ご馳走さまでぇーっすぅ☆」






私「・・・。」







長年の付き合いでこうくることは

ある程度想定済みでした

しかし久しぶりにこの猿芝居を見て

こいつマジで老けたなぁと思うと

おっさんがおっさんにメシを奢るということに

虚しさを感じはじめ

改めて私には彼女が必要であることを

認識することができました




最近は打ちに行ってばかりなので

出会いの場みたいなところには行ってません

買い物とかもしてなかったので

結局夏服は買わずじまいでした

歳も30アップなので身だしなみは

気をつけようと思ってはいるんですけど、、


来年の夏はおっさん同士で一日パチスロしたなんて

思い出ではなく

大人の恋愛とか経験してみたいものです


と言っても大人の恋愛って

どんな恋愛のことなんですかね?

基本泥沼化するイメージしかないのですが、、






・・

・・・

・・・・



ある日バジキッズの彼氏とホールに打ちにきていた

女の子がディスクアップでボーナスを揃えれず

隣で打っていた私は彼女に目押しを頼まれると

それをきっかけに仲良くなり連絡先を交換します


彼氏がいるためややこしいなと思いながらも

彼女の方から送ってくるラインに対して

私が返信する日々が続きます


あるとき彼氏と別れたという連絡を境に

一気に距離を縮め初めてホール以外で

会ったその日に付き合うことになります


彼女の家に招待されたので行ってみると

そこには別れたはずの彼氏が、、


私はその彼氏にボコボコにされ

遠のく意識の中でこう思います


そういえばボーナスは揃えれなくて頼んでくるのに

ビタ押しはクソうまかったよな~



・・・・

・・・

・・





大人の恋愛を例えてみましたが

ただの美人局で一ミリも恋愛していませんね

そもそも恋愛経験が少ないので

例えるには少々無理がありました





ここまで暇でだらだらと記事を書いてきましたが

スロットと全く関係なくなってきましたので

先日久しぶりに出会いを求めて

飲みに行った先で3時間店にいた間

客が私一人だけで悲しくなった日に

食べたものでものせてグッバイしたいと思います




f:id:ankolkkaku:20190904201843j:plain



f:id:ankolkkaku:20190904201909j:plain







では、、