あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

鬼天国はループするんだってさ!出来れば勝ちたい

朝一にモードBからクジラにやられ

次にモードAの天井からクジラにやられている私を

久しぶりにマイホに顔を出し

私の並びで打っていた友達は

何とも言えない表情でこちらを見ます



クレジットからメダルを出し

一応ステージだけ確認をしてやめようと思い

メダルを入れてみると

レムの膝枕ステージ


コイツ私を殺す気か、、





レムの膝枕ステージは

モードB以上が確定なのです


友達は苦笑い

あと気のせいかもしれませんが

聞こえるか聞こえないかくらいの声で

タヒねばいいのに、、

と言っていたような気がします(気のせい)




モードB以上が確定


すでに総投資1400枚の私にとってこの響きは

何とも微妙なライン


実は以前に二回レムの膝枕にはいったことがあり

そのうちの一回がモードBで

もう一回が鬼天国


鬼天にいったときは有利区間が継続していました


この有利区間が継続しているかしていないかの差が

実際にモードにどの程度影響しているのか

さだかではありませんが私の実践上では

この場合モードB臭さしかありません

流れ的にもね、、



ならば打たずにやめるのか?


そんなことはあり得ない

もしそのような日がくるならば

それは私がパチスロに別れを告げるときなのだから




・・


・・・



、、とは言ったものの

実際は投資額の見積りをし内心焦ってます


モードBの天井が500G少々

追加投資が5、600枚として

クジラにやられた場合は

総投資約2000枚




そこから台移動を試みても


通路のジャグラーコーナー

神という名の墓場

甘さ控えめのアクロス系

その他空気


回収するには不可能なラインナップ

ビタ押し次第では戦えそうなディスクアップも

サンドに震えながら諭吉をブチ込んでいるような

手では無理だと判断



やめるにやめれぬ状況の中

私はクレジットから出したメダルを

再び投入口へと入れるのでした









あんこうです。





今日は負けたな、、

そう思いながらもモードB以外に期待し

打ち進めていました


モードB以外といってもよくわかっていません


とりあえず

モードC、引き戻し、天国、鬼天国

とあるのは知っていています


モードCと天国はモードAに見せかけて

実はCでしたよー天国でしたよー的なものとして

解釈していて

200以内に当たれば

引き戻しか天国だったのかな?みたいな感じに

とらえています

鬼天は直撃するためさすがにわかります


ま、こんなふわっとした感じの知識で

打っているため200Gで禁書庫にいったときの

熱さがあまりわかっていませんでした


というかよく考えていたらわかっていましたねw

モードAは否定されているのですから


とにかくこのときは当たってくれと願うばかりで

そういうことが頭からすっ飛んでました


200Gで禁書庫

天国か鬼天に期待できるということで

あってますよね?w









私が友達の方に顔をむけ目で訴えると

友達はうんうんと相づちを打ってくれます



私語を慎みパチスロと真摯に向き合う

その友達は喧嘩と酒がとても強く

パチスロはまあまあといった感じの人です




普段ホールで会うとお互いに

よ!っと手であいさつをする程度で

それ以上の余計なやりとりはありません


ホールで知り合いや友達に会うのを嫌う私ですが

その友達は変な気も使わなくていいので

ホールで会ってもイヤではありません



後から来た友達は私の台の並びに

400G手前で捨てられたリゼロがあったので

この日は偶然一緒に打つような形になりました






このとき知識豊富の友達は

すでに気づいていたのだと思います


前兆ステージでエフェクトが赤まで上がり

早い当たりを確信し私は回します


さぁ問題はクジラ討伐

早くも意識はそっちの方へといっていました


アイコンはありませんがもうやるしかない


ここを通せなければ早く当たった意味がない

負ければむしろモードBでアイコンをゲットして

臨んだ方がよかったと思ってしまうかもしれない

などと思いながら前兆の最終ゲームを回し

むかえた白鯨戦、、


ではなく、でてきたのはおねだりアタック


それは当然あり得ることだったのですが

先ほども言いましたように

そんなことは頭から飛んでましたので

私はとんでもないことがおきたと

言わんばかりの表情で友達の方を見ます


友達は眉一つ動かさずこちらを見ましたが

私の表情を見るなり少しばかり

驚いた表情を作ってくれました


ポーカーにはむかないそのヘタクソな演技に

私はその友達の優しさを感じました








なにはともあれ首の皮一枚でつかんだAT

それも鬼天国


ここを何とかして伸ばして

逆転を試みようとしますが

500枚程でATは終了してしまいます


幸いにも有利区間は継続してくれました


すでに並びの台をやめていた友達は

私のATが終わる頃を見計らって

それを見にきていました


振り返るとうんうんと頷きます


友達はその場を立ち去ろうとしますが

私は呼び止めます



私「有利区間が継続してても普通にA天いくよね?」


知ってはいましたが

そもそも有利区間が継続していることに

設定的な期待はあるのかもしれませんが

低設定の場合は追う理由になるのかという

疑問をもちはじめていたため

うんうんと頷く友達に

このような質問をしたのです


すると友達からはこう返ってきます


友達「鬼天の場合はけっこうループだよ」

このとき初めて鬼天に

ループがあることを知るのです

どうやら私は知らぬ間に

逆転となるトリガーを引いていたようです


私「、、そうなんだ」


さらっと友達には返しましたが内心では


「何だよそれ、どんだけおもしれー台なんだよ」

そう感じています







通常時に戻り早い段階で異世界体操にはいります

そこから200Gで当たるまでずっと夜ステージ

異世界体操がループします


え、何これ?

鬼天ならいらないんだけど、、


200Gの前兆に入ったところで

再び友達が現れます

いつもホールでは一切関わらないのですが

この日は状況が気になるみたいです


私も知識豊富な友達を頼ります


私「ずっと夜ステージなんだけど、、」


友達「モードが良いとあるみたいだよ」




そうなのか、、

ということはやはりこれも鬼天、、


期待します

しかし前兆を経てでてきたのはクジラ


何だよ期待させやがってー


そのような表情で

友達の方へ顔を振りむけます

すると友達が私の肩に手をやりこう言うのです


「大丈夫!デキレースでいくこともあるから」



そうなのか?!

すぐに表情が明るくなります

そうと分かればクジラなんて怖くありません


友達の言っていたように難なくここを突破します



しかしここのATもそれほど伸ばすことができず

またしても500枚程度で終わってしまいます


が、重要なのはこのあと

有利区間が継続しているかどうかなのです


お願いしますと願いながらレバーを叩くと

何とか継続してくれていました






通常時を回してメダルが減っていくと

だんだん不安になってきます


何に対してかと言うと

先ほどクジラを経由してATに当選したアレは

本当に鬼天だったのか?ということにです


偶然じゃないよね?

そんな不安を抱えて

みたび200Gの前兆をむかえます



OP曲が流れたのを聴いて安心しました

これRedoって言うんですね!

知りませんでしたw





テレッテーテレレ


並びのおじさんが自分の台に

そっと耳を寄せているのを横目に

私は鬼天濃厚である前兆を回します


コイン持ちが悪かったため

このラッシュは何とか伸ばしたい


そのような気持ちがありました


思いが少し届いたのか

800枚程と先程よりもやや多くでてくれました

さらに有利区間継続


鬼天とドヤ顔が続きます




そして鬼天最後となった当たりでしたが

その当たりは100G前半の前兆からでした

初めて100G台で当たったので胸熱でした



鬼天国にて1400枚程を獲得し

総投資が1600枚なので

プラス域まであと少し

ここは移動して無難にAタイプで早い初当t、、




f:id:ankolkkaku:20190821230155p:plain





ただ打ちたいだけという理由ですが

この先この台はどうなるのか?

という興味もありました


たまにスイッチ入るんですよ!

合算1/400のAタイプを

打ち続けたらどうなるのか?みたいな


私はこれを向こう側シリーズ

呼んでいるんですけどね

で、だいたい負けます


まぁ当たり前のことですが、、






その後も私は打ち続け

A天井を食らうも何とか盛り返し

B天井で何とかラッシュにねじ込んだりと

現状維持をキープするのが精一杯の

泥試合と言ってもいいような展開が続いていました



撃破アイコンが二つの白鯨戦

勝てば勝利に一気に近づき

ATの出来次第では捲ることもあり得る一戦


これをデキレースのように負け

ここから追う気力もなかったため

実践終了、、



することができずAタイプを打ち散らかし

大幅に枚数を減らすと


これ全部のましたらさすがにアホだな


と思い実践終了




トントンまできてましたが

結局この日の結果は

マイナス1000枚でした







友達から教わったことですが

白鯨戦での子役は基本的には

継続の抽選をしてくれていて

勝利が確定している場合は

鬼がかったやり方の抽選をしているらしいですね


教えてもらったときは

ふーんって感じでしたが後々考えると

鬼天国中の白鯨経由は

かなり熱くなれたんだなーって思いました


どのくらいの確率なのかは知りませんが

一度は経験したいものです


起爆ルートがいろいろあってリゼロ楽しいですね



鬼天国は楽しかった!ということで

今回はこのへんで




では、、