あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

パチスロを趣味打ちで勝つためには、、これが私のリアル

「元気があればなんでもできる!」

そう誰かが言ってましたが

ことパチスロに関しては

いくら元気でもお金がないとできません


そして私の言うお金があるというのは

生活費その他もろもろを引いた

余ったお金のことです



パチスロをギャンブルとみるか娯楽とみるかは

何度か語らせていただきましたが

私はパチスロを娯楽というカテゴリに

位置付けています


なぜ娯楽なのかと言いますと

お小遣いの範囲内で遊技しているからです


なので生活費などに手を出してしまうと

これはギャンブル

なぜなら自分の生活を掛けているわけですからね


少し屁理屈かもしれませんが

私の中ではそういう線引きをして

パチスロを楽しんでいます






今回ここで語らせて頂く内容

パチスロを趣味打ちで勝つためには、、」は、

何も特別な裏技的なことをするわけでなく

ほとんどが基本的な部分に関してくる

内容になっています



パチスロは好きで打つけど

つい熱くなってやめられない方や

負けを取り返そうとして

さらに負けを増やすなど


そういった状況に陥って

パチスロを楽しみたいけど

負けすぎて楽しめないといった方に

読んで頂けると参考になるのではないかと思います




















あんこうです。









まずはじめにパチスロを打つ上で

欠かせないのは何と言ってもお金

いわゆる軍資金です


ここを妥協してしまうと立ち回りに影響してきます

ではどのような影響があるのか


例としてあげてみます




極端ですが仮に軍資金3万円で

朝から凱旋を打つとします

リセットがかかっていれば天井は1000G

3万円では天井まで届きません

3万円目を入れたときに考えます

ヘタレやめするか生活費に手を出すか


この時点で詰みですよね

中にはラッキーパンチがあるのかもしれませんが

そんなことは滅多にありません


なので凱旋を打つなら少なくとも

リセット天井を追えるだけの

軍資金は必要です





ジャグラーなどAタイプでの例もあげてみます



自分の打っていた台がどうも悪い台

そのとき良さそうだと思っていた台が空きました

移動しますが軍資金は残りわずか

何とか当たりますがREGに泣かされ

お金がなくなり渋々あきらめます

その日の終日データを見ると4000枚でていました

後日報復しに行って返り討ちにあうのが

目に見えますよね





というふうに軍資金が少ないと

このようになってしまうおそれがあります

手元の金額は少なくても構いませんが

そういう場合はもしものときのために

ATMで引き出せるようにしておくといいでしょう



趣味打ちで勝つためにはまずは軍資金
それがなければパチスロは楽しめません

そして趣味打ちである以上負けることは

前提としておいてください










次に軍資金はあるけど

あったらあるだけ使ってしまう


このような方も結構いると思います


使ってしまうということは

負けているということです

そういう場合の対処法として

1日の勝ち負けにあまりこだわらないことを

オススメします


パチスロをどのくらいの頻度で打つかは

人それぞれでそれによりどのくらいの間隔で

勝ち負けを意識すればよいかというのは

一概には言えませんので

ここでは私の場合を例としてあげてみます




週におよそ2、3回のペースで

私はパチスロを打ちますがこれを人に話すと

よくお金もつね!と言われます


常に勝っているから!

そう思われる方もいると思いますが

そういうわけではありません

趣味打ちなので負けることの方が多いです



ですが勝率≠回収率ですので

収支で見ると勝っているのです



私の場合は1ヶ月をメドに勝ち負けを

意識しているため週で見ると

連敗により負けている週もあります



今月は前回の実践で盛り返したとはいえ

まだマイナス収支です




前回の記事はこちら

www.ankolkkaku.com






ここで大切なのは

目先の勝ち負けにこだわりすぎて

小さな負けを大きな負けにしてしまうこと

防ぐことにあるのです


負けていてもきりのよいところであれば

そのメダルは持ち帰り

次の実践の軍資金にすることによって

結果的に玄人さん達の言うところの

無駄な投資を防ぐことにつながります


子役の取りこぼしうんぬんの前に

ここを見直すことで今までと比べ

趣味打ちでもグンと勝ちに近づけます



これには最初に話した

軍資金の要素も含まれてくるため

そこと相談して打つ頻度を決めると良いでしょう









ここまで話した内容を実行するだけでも

今までと結果は大きく変わると思いますが

ここまではできている方にとっては

当たり前の話になるかと思いますので

肝心の実践の方はどうあるべきか

それについて話していきたいと思います









趣味打ちをする方にとっての機種選びは

勝てる機種よりも好きな機種を

選ぶ方が多いかと思われます

それは私も同じです


しかしその中で私は台選びはしっかりとします


モンハンが打ちたいと思ってシマに行くと

空いている台全てが128抜け

その場合私はモンハンを打つことを諦めます


逆に空き台全てが128抜けでも

シマの出玉状況と台のデータ次第では

打つこともあります


この場合も軍資金と相談です

あるゾーンまで打つならいくら

ゲーム数の兼ね合いで

一度当たるまで打つならいくら

というふうに決め

最大の投資額をあらかじめ見積もっておきます


いくら投資するかを最初に決めておくことで

ハマることのストレスや

乱れ打ちの防止につながります

打ち方としては期待値を求める天井狙いに

近いと思いますね







今言った話はあくまでゾーンや天井のある

AT、ART機の話でAタイプを打つ場合は

それらがないため

また違った打ち方になってきます


その話をする前にまず言っておかなければ

いけないことがあります




機種の知識は最低限は持っておいてください




趣味打ちだし機種の知識なんていらねーだろ?

そう思われた方

たしかにその通りです


私も何の知識もない機種を

ただ面白そうという理由だけで打ったりします


しかしそれは負ける前提で打っています


と言っても趣味打ちなので何を打っても

基本は負ける前提ですので

この表現は少しおかしいのかもしれません

見返りを求めていない

と言った方が正しいのでしょうか



このような打ち方をする方が

もしこの記事を読んで下さっているのなら

是非その機種の解析を見ることをオススメします



昔は今に比べ煽りが少ないので知識がないと

熱い状態を捨ててしまう傾向にありましたが

今の時代は逆に煽りが激しく

知識がないとやめれなくなる傾向にあるからです


なので趣味打ちだけど勝ちたいのであれば

最低限の知識は持っておく必要があるのです


それを踏まえてAタイプの打ち方を

話していきたいと思います










先ほどAタイプはAT、ART機と打ち方が

変わってくると言いましたが

その理由としてあげられるのが

AT、ART機は設定よりもヒキに左右されやすく

対してAタイプは設定が

モロに影響してくるといった点が理由です



Aタイプを楽しむ上で必要なことは

ある程度設定の良し悪しを把握することです

そのために必要になってくるのが

その機種の知識なのです



正直なところ私も知識が乏しく

Aタイプは打つ機種が限られています

おもに打ちやすいジャグラーをメインに

打ちますが当初はボーナス合算だけで

設定の良し悪しを判断していたため

なかなか勝てず

良い台を捨ててしまい

掘られてしまうこともありました



しかしボーナス合算だけでなく

子役確率や設定差のあるボーナス

を把握することによりそれは改善され

今ではある程度の結果は

残せるようになっています




と、このように私はAタイプを打っていますが

もしかすると記事をご覧になられている方の

趣味打ちのイメージとは異なるのかもしれません


機種の知識をおさえ

子役を数えるなどといったことは

趣味打ちになるのか?


そう思われる方もいると思います




しかしです

好きな機種を打ち

知識もなければ設定も分からない、

だけど勝ちたい


これってただの傲慢だと思いませんか?




そこのところを理解していただけないと

何を打っても運否天賦

店側も商売なので

基本は負けるようになっていて

負けることが必然となってきます



パチスロを趣味で打っていて

ほどほどに遊べたら負けてもいい

という方もいると思いますし

私も友人などと一緒にホールに行くときは

そういう遊び方をしています


ただ勝ちたいとなればそれ相応のことを

しなければ勝てないという話です









結果的に「趣味打ち」というものを

細分化する形になる話になってしまいましたが


好きな機種を打ち、楽しんで勝つ

といった欲張りを現実にするためには

それなりのことはしないといけなくて

それをしたからといって勝てる保証もありません


こんなことであっさり勝ててしまったら

専業の方達に怒られますよね

なので我々趣味打ち勢がなかなか勝てないのは

当然のことなのかもしれません




しかしながらこんにちまで私が

年間収支プラスを維持しているのも事実で

今回話した内容を実行すればある程度の

プラスは見込めるとも思っています



普段はテキトーに台を選び

好きな機種を打ち散らかしているような内容の

記事を書いていますが

水面下ではこういった戦略的な一面も

持っていたのです



長年の経験においての独自の見解ですので

参考になるかはわかりませんが

きっと悪い方向へはいかないと思います







今までパチスロをただ単に好きだから

面白いからという理由で打っていた方

これを機会にパチスロの見方を少し掘り下げ

パチスロの新しい楽しみ方を見つけてみては

どうでしょうか?


そして趣味打ちをより楽しみ

せっかく打つなら勝っちゃいましょうよ☆




ちなみに直近の実践結果がありますので

よければ参考に見てください(^^)/











6/23(日)

マイナス5975枚




いやー、まいったわ

マジで吐くか思た


趣味打ちで楽しんで勝つ?


無理無理、欲張りすぎな

どこのガキ大将の理屈だよ、ほんと


ここにきて過去最高負け額を叩き出すやつが

趣味打ちでの勝ち方語るとか片腹痛いわ

金ねーし、もう




え?

もうすぐボーナスだから大丈夫だって?




全額貯金だよっっ!!


いくら負けたと思ってんだよクソが!!

こちとら2000万足りてねーって

国に言われてんだよ(別件












・・

・・・。











ハァー

何かおかしいなーとは思っていたんです

ブログを初め、収支をつけだすと

今まで負けこしていたと思っていたパチスロ

勝っているんですから


それが半年近くも続けば

いよいよ本物か?なんて

勘違いもしてしまいます



何度か大きな負けの実践をするたびに

何かの片鱗が見えるので

このような日が来ることを

うすうす感じとってはいました


結局は今までの実践のほとんどがまやかしであり

この日の実践の立ち回りこそが

私のリアルなのでしょうね







f:id:ankolkkaku:20190627003101p:plain








では、、