あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

趣味打ち!名古屋遠征で出来れば勝ちたい(最終日)

一日目の記事はこちら



www.ankolkkaku.com









二日目の記事はこちら



www.ankolkkaku.com


















最終日となる三日目

朝一の立ち回りとしては

やはり沖ドキのリセット狙いが有効であることに

私と友人のザクは確信を持っていました


昼からひつまぶしを

食べに行くことを考えると

長くても実践時間は3時間


となれば機種選びはリセット狙いができる

沖ドキ一択となり

天国一発上げの2000枚を目指し

宿泊先のホテルをあとにするのでした
























あんこうです。










店どこにしよーか!


ザクとネットでひつまぶしの店を探し

せっかくだから良いところに行こうと

電話をかけますが


「今からだと2時間ほどの待ちになります」







f:id:ankolkkaku:20190514192317p:plain






どの店に電話をかけてみても同じ回答

完全にGWを舐めていました


二時間待つ時間がなかった私達は

必死に店を探しますが

とうとう諦めることにします



名古屋に来て三日間

私達の食べたものは


一日目焼き肉

二日目ラーメン


そして最終日の三日目



ラーメン




というわけで

今回の記事はいつもかもしれませんが

クソ回になります















ラーメンとは言いましたが

実際はタンメンで

岐阜タンメンというものです


岐阜じゃん!となりますが

チェーン店で名古屋にも店舗がいくつかあり

けっこう人気の店のようで

少し並びました


あっさりしていますが味はしっかりしていて

重くないので替え玉RUSHができてしまいます


ひつまぶしを食べれなくて

がっかりしていましたが

これはこれで美味しかったので

結果満足




空腹を満たし

私達は名古屋という戦場をあとにし

母国へ帰還することになります
















f:id:ankolkkaku:20190514200700j:plain















帰りの道中

お互いの実践内容を話し合っていました



朝一、私達は予定通り

沖ドキのリセット狙いに照準を絞り

なるべく前日が天国抜けでやめている台を

さけて台を選び打っていきます


万が一据え置きの場合

引き戻しでの早い当たりがあるため

そうなってくると

ドツボにはまる可能性があるからです




私は一台目をすぐに見切り

移動する先をどこにしようかと思っていましたが

前日に天井まではめた台を思い出し

リベンジで空いていたら打とうと思い

そこへむかいます


するとまだ朝一台で残っており

前日のやめゲーム数が「0」


ボーナス中で終わっていたならリセット

据え置きでも天国中だったため

天国なら32G以内に当たり




まぁほぼほぼリセットだろうと思い打つと

すぐにスイカから当たりました

鉄板です






前日の最後に完全にヒキを取り戻していた私は

当然のごとくそれを天国にあげ

かなちゃんを光らすと

自然と口ずさんでいました











私~をバージョンあ~~ッぷ 















さくっと6連し1000枚を獲得

アップデートされた私は

新しい気持ちで再び天国を目指し


引き戻しですんなり当てると

天国には上がらなかったものの

100Gほどでの早い当たり



その後も深いはまりはなく

全てのメダルをのまれました



おい















人は学習する生き物で

失敗をすることにより

それを教訓として成長します


全ての人がそうであると言っても

過言ではないほど

人はそういう生き物だと思っています


当然私もそれに該当します





しかしことスロットに関しては

それが当てはまらないのです


スロット歴十数年

何十回、下手すれば何百回と

同じことを繰り返し


反省しあるときは猛省しますが

時が経てば




やっちゃった(´・ω・`)




子供の寝小便じゃあるまいし

いい加減に学びやがれと

自分自身に言いたくなります





それともアレですか?

失恋したときなどの心の傷は

時間が解決する的な



スロットで負けショックを受け

敗因を検証し

そのときは反省しますが

時が経てば気分サッパリ忘れられる



それただの風化な










しかしまぁー

ブログを始めて4ヵ月になりますが

こうやって負けたときのことを文字におこすと

ずーっと同じようなことを

言ってるような気がしてなりません






ジャグラーを打っていて

隣のばーさんが

「このカバがね、このカバがね」

と私に何かを訴えかけていますが

その内容は何一つ耳に入らず

いや、ばーさんそれサイだから

と心の中でつっこむだけのように




みなさんも私の記事の内容など一つも入らず

お前いつも同じことやって負けてんじゃん

と思っているのではないかと

最近は少し考えます




そのようなこともあって

遠征後の実践から

少し実践内容を変えてみたのですが、、




次回更新時にお話ししたいと思います











その後の実践内容なのですが

追加投資を重ね

400Gまではめたところで沖ドキをやめました



ザクが見当たらないので

ハナハナでまったりいきますか!

と軽い気持ちで打つと


投資を捲るまさかの大連チャン!


なんて妄想したりして打ってました




しばらくしてザクが

ハナハナコーナーに現れますが

そのときの私は一回も当たりを引けずの

まさかのノーチャンス



「沖ドキで2000枚」

とザクがほくそ笑みながら私の隣で

お座り一発させたところで

サンドに差し出した手を引っ込め

実践終了となりました
















5周ほどしてようやく大黒摩季

かっこよさに気づいた私は車の中で

ら・ら・ら」を聴きながら

歌っていました




ザク「結局いくら負けたの?」



私「1500枚!ららーらー♪」




結果この三日間で収支は

マイナス100枚


あれだけ打ち散らかしたわりには

上出来の結果でした


ザクはプラス5000枚







という感じで名古屋遠征を終え

残りのGWをどう過ごすかを考えていましたが

5月5日が控えていることを思い出し


帰りの車中で

「やっぱりジャグラーよりハナハナ」

と言っていた奴の

トキメキ方ではないだろうという具合に

待ち遠しく楽しみして前日を過ごしました






















遠征二日目の夜

ザクと夜の街を歩いていると

キャッチのお兄さんに声をかけられました




「日本人のキャバクラどうですかー?」





ここどこだよw












では、、