あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

趣味打ち!投資3800枚から出来れば勝ちたい(前編)

「三枚のカードの中に当たりが一枚だけあり、

その中から当たりを選んで引き当てる」


1/3です


みなさんは当たりを引ける自身はありますか?

私は引ける気がしません





一方で

「1/3で当たりがあるサイコロを振って

当たりを出す」


同じく1/3なのですが、私はこっちなら引ける気がす

るのです



選らばないで良いからです





なので

スーパーリノを打つときは三択を選びません



その方が引き弱の私には

1/3がとれるような気がします





以前スーパーリノを打ったときにも話しましたが

私は三択トマトを一回分だけしかスーパーリノは

打ちません


外したらやめ、という打ち方をします


そのおかげなのかスーパーリノだけの収支は

おそらくプラスだと思います








今回もスーパーリノを打ちました


二台打ったのですが、



総投資850枚

三択チャレンジなしのノーチャンス、、



土俵にすらあがらせてもらえませんでした














あんこうです。





年始に凱旋で可愛がられて以来

なんだかんだ上手にパチスロで遊んでいた私は、

とうとうやらかしてしまいます




総投資3800枚

もはや私にとって娯楽ではない枚数です




今回は前編ということで

私が暗黒面に堕ちていく様を記事にしたいと思います

ので、みなさんは茶碗を片手にお楽しみください











f:id:ankolkkaku:20190204005814j:plain






いつものように昼すぎに店についた私は

番長3が打ちたかったので、

さっそく番長3のコーナーへ





するとかなり盛り上がっていることに気づき、

いつものように朝一来ればよかったと後悔します



これだけ出てれば平均設定も高いのだろうと空いてい

る台に座りデータグラフを確認しますが、


見たところで何もわかりませんでした



唯一わかったことは、

両隣が5000枚overということです


250枚で二回の当たりを引くも

二回とも単発だったのでやめることにします



モハメド・アリを彷彿とさせるようなフットワーク


「蝶のように舞い、蜂のようさす」











暗黒面に堕ちるまで残り2450枚










f:id:ankolkkaku:20190204010219j:plain






いつもは逆転するべく打つリノですが

今回は早めに打ってみようと手をだし



投資550枚でノーチャンスという事態に

しびれを切らし移動します








再び番長3へ


600G程はまっていたと思います

小刻みにプラス域を推移していた台です




隣が3000枚に迫る勢いで出していたので

前任者はやめたのだろうと思います


しかし設定はこっちが上!





などと都合のいい解釈で打ち始め、1000Gを越えます


何とかチャンス目で引っかけARTへ








f:id:ankolkkaku:20190204012130j:plain






すぐにボーナスを引き、上乗せもします



番長3はイケイケ感がすごい楽しいので好きです

終わってみれば


ん?


と枚数を見てなるのですが

それは時代のせいなので仕方ありません







引きがついてこず400枚程で終了


そんなに悪い台でもなさそうと思い続行するのですが

全てのまれてしまい、隣の4000枚に迫る勢いに心が

折れてやめます


ここでの投資

750枚












暗黒面に堕ちるまで残り1150枚












台を探していると絆の前で足が止まります


BT突入率1/220

BC率1/130


悪くないと思い打ちます


しかし今思えばですがBC率みる限りいかに連してい

ないかがわかります

グラフもマイナス1000枚でしたし微妙だと思います




恋とパチスロは盲目と言いますがまさにそれですね









f:id:ankolkkaku:20190204015949j:plain





超高巻物からねじ込みます


後ろでお兄さんが真瞳術でたくさん乗せているのを

羨ましいと思いながら眺めて打っているうちに

私のATは終わってしまいます



300枚程のメダルを持って移動する私の姿は

蝶ではなく蛾なのかもしれません






スーパーリノに戻りメダルが無くなります、、












暗黒面に堕ちるまで残り450枚











f:id:ankolkkaku:20190204023642j:plain




ハナビです

BB 10

RB 7



1でも終日くらいなら乗り切れそう

意味不明な予想をたてて打ちだします




RB を一回引き当て、打ち続けるのですが

並びの良さハナビが本領発揮し始めます




自分の台が良いと思って打っていないので仕方がない

ことなのですが、ことごとく私の近場が出ることに

苛立ちを感じてしまいます



この穏やかな私の堪忍袋の緒が切れる

瞬間でもありました



投資450枚









このとき私の心の中でわずかに保っていた

ギャンブルと娯楽の均衡が完全に崩れさり、

その色はギャンブル一色に染まります





「きたねえ花火だ」と言わんばかりに離席し、

私のむかった先はパチンコの北斗無双



4万発をこえている台に缶コーヒーを置き

台を確保すると、私は店の外へ出でて行きます



その足でたどり着いた場所はATM




反射で写る私の顔は酷く歪み、心なしか毛根が金色に

輝いていたようにみえます






現在

総投資2700枚

回収0枚














台に戻り静かに打ちはじめます


限定解除した私は

挽回することができるのか、、










【次回】

あんこう博奕録

「乱世がオレを呼んでいる」の巻

白米用意して絶対みてくれよな☆








つづく、、