あんこうのスロットで出来れば勝ちたい

スロットの趣味打ちブログです

公園にゴリラがいたので

本日4月1日はエイプリルフールということもあり

世の中は嘘で溢れかえっていると思います


私も今回は失笑すら起きないとびっきりの

嘘をついて記事を終わらせようと

考えていたのですが

せっかく読んでくださる方に嘘をつくのも

忍びないということで

嘘のような本当の話をしたいと思います







あんこうです。



まだブログをしていなかった頃の話です


当時一年間付き合っていた彼女に

「彼氏としてみれない」という理由で振られ

日付をみてエイプリルフールでないことを

確認したのちに「嘘だろ」と天を仰ぎ

夜空に浮かぶ夏の大三角形が目にとまると

それを真実だと受け止めることができました



それ以降の私は心の隙間を埋めるかのように

パチスロを打ち

勝っても負けても感情の起伏がしないという

とても危険な状態で毎日を過ごしていました



そんなある日、いつものようにパチンコ屋に

むかおうとしていると

公園の茂みに一匹のゴリラがひっそりと

たたずんでいました

f:id:ankolkkaku:20200401215220p:plain

子供の頃はよく野生のゴリラを見つけては

学校の給食で食べきれなかったバナナなどを

あげていましたが

この御時世めっきり見かけることがなくなったため

私はもの珍しさについその場で自転車から降り

ゴリラに近づいていきました



向こうがこちらに気づき目が合ったので

お互いに会釈をかわすと

しばらくの間沈黙が続きました


小学校のときによく一緒に遊んでいた

2つ年上の先輩と高校で再会したときに

違和感を持ちながら敬語で話すというような

どこかこっぱずかしい気持ちでした

f:id:ankolkkaku:20200401220255p:plain

この日はとても暑かったため

私は近くの自動販売機でコーラを2つ買い

1つをゴリラに渡しました


「ありがとう」とゴリラは一言だけ言い

またしばし沈黙が続きました

しかし私が「今日は暑いね」と言うと

ゴリラは少しずつ話しだすようになりました



しばらくゴリラと世間話をして

コーラも飲み終えたので

私がそろそろ行くことをゴリラに告げると

どこに行くかを尋ねられたので

パチンコ屋に行くところだったということを

言いました


f:id:ankolkkaku:20200401220624p:plain

ゴリラは少し寂しそうな表情浮かべながら

「そっか」とだけ言い

私にスッと手を差しのべてきます


意図を察した私も手を差し出し

「また会おうぜ」と言わんばかりの熱い握手を

ゴリラと交わしました


f:id:ankolkkaku:20200401221231p:plain


ゴリラの握力は推定500㎏と言われています

当然私の手は木端微塵の粉砕骨折

一瞬の出来事に私は声も出ず

その場にうずくまりました


その姿を見てゴリラは

「おれも寂しいよ、でもまたいつか」とだけ

言い残し、公園の茂みへと消えていきました

f:id:ankolkkaku:20200401221641p:plain

入れ代わるように一匹の猫が

のそのそとうずくまる私の方へ歩いてきました

「大丈夫か?」とでも言っているかのように

にゃーにゃーと鳴いていました

当然何を言っているのかわからないため

とりあえず何も持っていないという

ジェスチャーをし

そのまま意識を失いました




悶絶していたこともあり

日は暮れはじめていました

気がつくとそこに猫の姿はなく

代わりに魚の骨が私にそえられるように

置かれていました


それを手にとりゴミ箱に捨て

私は病院にむかいました





f:id:ankolkkaku:20200401223118p:plain


幸い骨折の方は医者が名医だったこともあり

ベホイミ1発で完治しました

呪文を唱えるときの声がでかすぎたため

しばらく耳鳴りがやみまりませんでしたが

それは予め看護師さんからも

言われていたことなので仕方のないことだと

思えました


f:id:ankolkkaku:20200401224201p:plain


あの日以降ゴリラの姿は見なくなりましたが

あのあと一体どこに行ったのだろうと

何年かたった今でも思うことがあります


街中に野生のゴリラが少なくなってきた原因は

今でも解析待ちだと言われてますが

本当はもう原因はわかっていて

私達に言えない何かがあるのではないかと

私は思っています



昔、家族旅行で高速道路を一緒に走った

あの頃みたいに

また街中で気軽にゴリラと戯れるときが

くればいいなと思う今日この頃です...






本当は大嘘こいてやりたかったのですが

こんな話しか私の引き出しにはありませんでした

嘘のような本当の話というか

ただの思い出話でしたね

スロットいけないとなるとこんなに

書くネタがないんだなということを

痛感させられました

でもまぁいい機会ではありますよね




では、、





※この物語はフィクションです